ドライヤーは髪に直接触れるものだから

私は元来髪質が細く、柔らかく、カラーやパーマを美容師の方からあまり勧められないと言われていました。
実際、カラーやパーマをしたことはなく、髪を自分から痛めたりする行為はしていないのですがそれでも成人して少し経った辺りに自分の髪がすごく傷んでいるなと感じはじめました。
トリートメントやドライヤー前に髪にスプレーをつけたりももちろんするのですが、色々調べていいものを買っても目に見えてよくなることはなく、本当に悩んでいました。
ヘアアイロンさえ使うことがない髪がどうして痛むのか美容師の方に相談したところ、使わざるえないドライヤーが一番痛みに繋がると言われました。
髪に長い時間触れるといえば確かにドライヤーであって、でも私は今までドライヤーにちゃんとしたものを使っていませんでした。
髪に塗るスタイリング材のほうが大事だと思っていたのです。
それから勧められた低温トリートメントドライヤーを試しに買い換えてみたところ、本当に全然髪の感じが変わりました。
切れ毛が多く、ツンツンと短い髪が出てまとまりがなかった自分の髪の切れ毛も落ち着くし、使い続けていくうちに切れ毛も減っていることに気づきました。
ドライヤーはなにより身近なヘアスタイリングの機材なのにないがしろにされやすいので、多くの方が低温トリートメントドライヤーにちゃんと目を向けたらいいのになと考える今日このごろです。

そんなヒートケア60低温ドライヤーのレビューサイトはこのサイトがお勧めです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>